中古一戸建て住宅を購入するにあたって

新築の物件と比較した際に、基本的に安い価格で購入できるのが中古物件の一番のメリットです。

 

建てられてからの年数にもよりますが、同様の立地条件の新築物件の30パーセントから40パーセント安く、物によっては半額くらいの価格で販売されている中古物件もあり、同じ費用でもはるかに大きな住居を購入することが可能になります。

 

また価格が安い分、無謀な負担のかかるローンを組む必要が無くなり、その分ローンの返済期間を少しでも短く設定することができる可能性もあります。

 

購入価格が低く抑えられる分、いろいろな事情で転売しなければならないような場合の値下がり率を低く抑えられるのも中古物件の長所という事ができるでしょう。

 

購入価格を低く抑えることによって、使えるようになった資金を利用して、好きなようにリフォームをしたり家具を買いいれたりして、自分の望んでいる住まいを実現するのも一つの考えです。けれども、建物の設備などがひどく劣化している場合など、大規模な修繕を施さないと住宅として機能しないようなケースでは、思っている以上に費用がかかる可能性があるので注意する事が重要になってきます。

 

また中古の物件というのは、新築物件と比較すると確実に物件数が多いと言えるので、選択肢もふえることになります。特に様々な理由で、範囲を限定して一戸建て探しをするのなら、中古物件の方が有利と言えるかもしれません。

 

また、建物のタイプや立地条件の種類が豊富なのも中古物件の魅力の一つと考えられるでしょう。

 

また、あらたに分譲される土地や建売住宅はおうおうにして、郊外のケースが多いようですが、中古一戸建ての場合では、都市部、郊外に関係なく広い範囲で供給されているようです。生活環境として生活のしやすい都心で一戸建てを考えているのならば中古物件を考える方が得策と言えるかもしれません。

 

そのほかにも、基本的には、現実の建物を観た上で検討できるのが中古物件の長所といえるところです。実際の建物の中で採寸もできるので、前もって家具やインテリアの段取りが出来ることで、購入後速やかに新生活を始めることが出来ます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市